AI、IT、6G、自動運転、ハイパーループ
そんな時代の子供たちに
エドモンドは本物を提供します

マイクラで楽しく学ぶ
プログラミング!

プログラミング体験会

開催日:
  • 12月14日(木)
  • 12月15日(金)
  • 12月21日(木)
  • 12月22日(金)
開催時間:
  • 17:00 ~ 18:00
開催日:
  • 12月26日(火)
  • 12月27日(水)
  • 12月28日(木)
  • 12月29日(金)
開催時間:
  • 13:00 ~ 14:00
  • 15:00 ~ 16:00
  • 17:00 ~ 18:00
今すぐ体験会に申し込む

プログラミング的思考が、なぜ「学ぶか学ばないか」ではなく、
いつ学ぶ」であるのか?

情報格差

2020年からプログラミング教育が小学校で導入されています。さらに2025年には大学入試共通テストに「国語」や「英語」、「数学」に並び、「情報」が入試科目の一つとして設けられます。早めにパソコンに触れることで苦手意識をなくし、またプログラミングを学ぶことによって論理的思考を身につけることが重要となります。

これから不可欠とされるインターネット等の情報通信技術を実際に利用できるかどうかで情報格差が生まれます。

現在の情報格差の原因として、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

  1. 低年齢時にパソコンやタブレット等、IT機器に触れられる機会が少ない
  2. プログラミングを学ぶきっかけがない
  3. 親子共に情報や機械にくわしくなく「プログラミング」を理解できない

上記以外で「プログラミング」を理解し、プログラミングに興味を持っていても、最初の入り口でつまづき諦めてしまうことがあります。プログラミングを取り巻く現状は、初心者には学びにくく一歩目を踏み出すことが難しくなっています。

ITの台頭

この表は、平成元年と平成31年4月時の企業の時価総額ランキングです。左の表を見ると、平成元年では、トップ20に日本企業が16社ランクインしています。日本の多くの企業の規模が世界的であったことがうかがえます。またその時の業種は金融・インフラ・自動車・電機メーカであった。一方、平成31年4月時点では、GAFAなどをはじめとする世界のIT/AI企業がトップ20を占めています。日本企業の名前は46位のトヨタ自動車まで出てくることがない状態まで落ちています。世界的にIT・AI化が進んでいるなかで、IT・AIエンジニア不足や育成環境の整備不足などから、日本はその流れに遅れをとっています。

※STARTUP DB『平成最後の時価総額ランキング。日本と世界その差を生んだ30年とは?』より引用
IT人材の不足

現在、日本はIT・AI技術が非常に遅れ、現場でもプログラミング教育の遅れや離職率の高さからIT・AIエンジニアが不足しています。また、今後のIT・AI技術の進歩や需要により将来的にさらに人材不足は深刻化すると予定されています。経済産業省の「IT人材の不足規模に関する予測」では、将来の市場拡大の見通しによって今後のIT人材がどの程度不足してしまうかの予測を行っています。そこでは、2030年時点では少なく見積もっても41万人、多い場合では79万人不足してしまう恐れがあるとしています。

人材育成の環境作り

これまで大きく科学技術に対して差をつけていたアジア圏に視点を移しても、IT・AIエンジニア不足による日本経済の危機が懸念される状況となっています。アジア圏では、アプリケーションやソフトウェアなどの開発業務を海外委託・発注するオフショア開発が急速な勢いで盛んになっています。それは中国だけでなく、フィリピンやタイ、近年ではベトナムやインド、さらにはスリランカなどもオフショア開発の拠点として急速に成⻑しています。このままでは、国内のIT・AIエンジニアの不足や、エンジニアの育成環境や日本のIT・AI企業の成⻑の遅れにつながってしまい、相対的に見た日本の経済は今後よりいっそう縮小してしまう恐れがあります。そのため、この日本国内でより多くの人がIT・AI業界に興味を持ち、人材が育つ環境を社会に実装してゆくことが必須の課題となっています。

人気YouTuber「ラファエル」もエドモンドに加盟!

マイクラで
プログラミングのこと

身近で楽しいマイクラの
世界がプログラミングの
キッカケになります

子供に人気のマイクラの世界がプログラミングを学ぶ世界になります。あたかもパズルゲームを解くかのようにプログラミングを学んでゆくことができます。身近で楽しいマイクラがプログラミングのキッカケになることで、知らず知らずのうちにプログラミングが身についてゆきます。

プログラミングの本質を
ビジュアルプログラミングで
学びます

プログラミングの本質は目の前にある課題を解決することです。いきなりテキストでのプログラミングを始めてしまうと、テキストでの書き方に慣れるという部分に注意が向いてしまいます。そこでまずは課題を解決するた めにプログラミング的思考の基礎固めをしてゆきます。

いよいよ
テキストプログラミングに
進んでゆきます

いよいよテキストでのプログラミング学習に入ります。テキストでのプログラミングができるようになると、より広く、深い部分でのプログラミングができるようになります。また高校で履修する「情報」で学ぶべき知識もテキストプログラミングをマスターすることで、実践を通して知識を定着させることができるようになります。本コースでは「Javascript」から学習を始めてゆきます。

これまでの教室でありがちな
知識面に偏りのあるコースとは違います

  • 知識面と実践面の両方を学ぶことができます。
  • 情報の博士号を持つ最先端のエンジニアが監修しています。
  • ⻑時間の講義でも飽きないように教材を工夫しています。
  • 特典を2点ご用意しています。

コロナの予防対策について

体験会開催にあたって、下記の対策を講じます。

  • 感染予防のために、講師がマスク着用で対応させていただきます。
  • ソーシャルディスタンスの観点から、参加者と講師の距離を保つように配置させていただきます。
  • 参加者の座席に、飛沫防止のアクリルパネルを設置します。
  • 体験会会場は窓を開け、空調の運転で換気を行います。
  • 消毒液を会場にご用意しております。

体験会開催にあたって、参加される皆様に以下について
ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

  • 体験会に参加される前にご自身の体調管理をお願いいたします。
  • 発熱などの風邪の症状が発症した場合には体験会の参加をご遠慮いただいております。
  • 来場時の検温にご協力をお願いいたします。
  • 検温の結果37.5度以上の場合には体験会へのご参加をご遠慮いただくことがあります。
  • 体験会会場ではマスクの着用をお願いいたします。
  • 体験会参加中に体調が悪くなった場合には、無理せず講師にお申し出ください。
  • 状況により体験会の中断または開催中止がありますことご了承ください。
  • 体験会参加の1~2か月前に海外渡航歴がある方については、ご参加をご遠慮いただくことがあります。

会場のご案内

会場 松山会場
所在地 愛媛県松山市千舟町5-2-3
松山校外観 松山校内観

体験会に関する
ご質問・お問い合わせはこちら